2017年10月17日

チキンカツ

タルタルソースにたっぷりの高菜の乗ったチキンカツです

  


Posted by yohapet at 15:46Comments(0)

2017年10月16日

妊娠性歯肉炎が起こる原因

女性ホルモンの影響

 妊娠によりエストロゲンという女性ホルモンが増加します。すると、歯茎の溝の中に住み着いているプレボテラ・インターメディアと呼ばれる歯周病細菌が増殖します。それにより、歯と歯茎の隙間まで歯磨きがきちんとできていない状態だと歯肉炎を起こすリスクが高くなるのです。

唾液の量の変化

 妊娠すると唾液の量が減り、潤いが少なくネバネバした状態になります。唾液によって口内が浄化されなくなりますので、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。細菌が繁殖して数が増えると、歯茎の炎症も起こりやすくなるのです。(コントラ歯科

食生活の変化

 妊娠週数が進んで行くと子宮が大きくなりますので、胃が圧迫されるようになります。常に胃がもたれたように感じる人や少量食べるだけで満腹感を感じる人も増えてきます。いずれにしても、一度に食べられる量が減り、1日に何回にも分けてちょこちょこ食べるようになることが多いのです。(ストレートハンドピース

 食事と食事の間の間隔が開かなくなるので、歯に食べ物が付着している時間が長くなります。また、口の中に歯垢(プラーク)が溜まりやすくなりますので、歯肉炎を起こしやすい環境にもなるのです。
  


Posted by yohapet at 13:27Comments(0)歯科情報

2017年09月18日

自家製パン

美味しい自家製パンだったので2つもおかわりお願いしてしまいました

  


Posted by yohapet at 11:42Comments(0)

2017年09月15日

歯茎が下がる原因

歯周病による歯茎の後退

歯周病は、歯の土台となる歯槽骨を溶かしてしまう病気です。歯槽骨が溶けて後退することによって、それを覆っていた歯茎も一緒に後退し、下がっていきます。歯周病は歯茎下がりの原因第1位と言われています。(歯科ツール

強すぎる歯磨きや歯ぎしり

歯のケアをしっかりするあまり、逆に歯茎を痛めてしまうこともあります。歯茎を強くブラッシングし過ぎると、ダメージを受けて、次第に歯茎が下がっていきます。硬すぎる歯ブラシにも要注意です。また、歯ぎしりが続くと歯の骨が後退して、同様に歯茎が下がっていきます。

歯を外に押し出す悪い歯並び

歯並びが悪く、歯が外側に押し出されるような力がかかる歯は、次第に歯茎が下がっていきます。八重歯をはじめ、乱杭歯で外側に出ているような歯なども、歯茎が後退していきます。(ホワイトニング照射装置

顎が小さく歯のスペースが狭い場合

歯並びが悪くなる一因として、顎の骨が小さく、歯が生えるスペースが狭いことが挙げられます。前述した八重歯や乱杭歯なども、歯のスペースがないことが原因となります。歯のスペースを確保するための抜歯をせず、無理に矯正した場合にも、次第に歯並びが乱れて、歯茎の後退に至ります。
  


Posted by yohapet at 11:06Comments(0)

2017年08月07日

牡蠣フライ

美味しそう
牡蠣料理の中でもフライは私の大好物

  


Posted by yohapet at 12:24Comments(0)

2017年08月04日

大人の方が歯を失う可能性が高い

加齢変化は避けることができないので、当然、子供よりも大人の方が歯を失うリスクは高いです。

さらに大人、特に働いて常に忙しい方ほど、やはり歯を失う可能性は必然的に高くなります。

虫歯や歯周病の原因は、歯を磨かないことが第一にあげられますが、それだけではありません。(手術用無影灯

歯並びや、ストレスによる歯ぎしり、職業、普段の食生活、体の免疫力など、さまざまな影響を受けています。

子供の歯は、最初は虫歯のリスクが高いですが、唾液の分泌量が多いので、虫歯のリスクが低いですが、年齢を重ねていくことや仕事のストレスで、唾液の分泌量が低下したりして、虫歯のリスクが高くなってきます。

この加齢変化だけでも虫歯や歯周病のリスクが上昇するのにも関わらず、仕事などの社会的な環境においても、リスクが上昇してしまいます。

このように大人の方が歯を失う可能性は子供と比較すると、とても高いのです。(コントラアングル)  


Posted by yohapet at 16:16Comments(0)

2017年07月13日

熟成ラムの仔羊のグリル

お肉は綺麗なピンク色
見るからに美味しそう

  


Posted by yohapet at 11:30Comments(0)

2017年07月11日

虫歯の中期の痛みとは

中期の症状

虫歯進行の中期は「エナメル質の虫歯」「象牙質の虫歯」と判断されます。歯の表面にはエナメル質という膜(まく)がおおいかぶさっているものです。エナメル質がはがされてしまえば痛みが出てくるようになります。また、エナメル質の虫歯では痛みがありません。象牙質の虫歯になれば歯が痛いと感じるようになります。(歯科 プライヤー

中期のメカニズム

エナメル質の虫歯ではエナメル質だけ穴があいた状態です。進行すれば象牙質の虫歯になります。象牙質の虫歯はエナメル質の下にある象牙質にまで菌が達する状態です。歯の神経には達していないので激しい痛みはありません。エナメル質の破壊から象牙質への影響までが中期の過程なります。

中期の治療法

中期の虫歯治療法は穴があいたエナメル質と傷ついた象牙質を削り整えて詰めものをする方法です。詰めものは主に歯科用のプラスチック(レジン)になるでしょう。虫歯が広範囲におよぶ場合は詰めものを作成して装着する治療法になります。(歯科根管機器)  


Posted by yohapet at 18:14Comments(0)

2017年07月01日

スフレパンケーキ ミックスベリー

私はやっぱりベリー系を注文してしましますね
イチゴやブルーベリー、生クリームがたっぷり乗ってます

  


Posted by yohapet at 17:46Comments(0)

2017年06月29日

絶対にやってはいけない処置

歯痛が出ている部分をいじる

歯痛が起こったとき、絶対にやってはいけない処置があります。
歯痛が出ている部分をいじることです。
痛みが出てくると気になってしまい、歯を自分の手でいじることもあるでしょう。
しかし、自分の手にはたくさんの汚れや菌がついています。
新たな菌が歯に侵入することで痛みがさらに悪化する恐れがあるのです。
よって、歯痛が出ている部分は絶対にいじらないでください。(コントラ歯科
自分の手はもちろんのこと、歯ブラシやデンタルフロスでダメージを与えるのもNGです。
極力さわらないように気をつけてケアを続けていきましょう。

血圧が上がるような行為

熱い湯ぶねに長時間つかる、激しい運動をするなど血圧が上がるような行為も絶対にNGです。
血圧が上がると血液の流れが非常に速くなります。血液の流れによって歯の神経が圧迫するため、歯痛がさらに悪化するのです。
歯痛が出たときは熱い湯ぶねにつかってはいけませんよ。
できるだけ安静にしなければならないので、お風呂に入らないよう気をつけてください。
激しいスポーツをしている人も1日安静にしておきましょう。
「痛みが少ないから」と油断をしてはいけません。(ストレートハンドピース
すぐに歯痛が悪化するため、激しいスポーツは控えてください。
そして、すぐに歯医者へ診せましょう。
正しい応急処置をするためにも、間違った処置の仕方を把握しておいてくださいね。  


Posted by yohapet at 18:09Comments(0)歯科情報